大分デバイステクノロジー株式会社

採用情報 お問い合わせ

パワーサイクル試験

HOME > 半導体後工程製造 > パワーサイクル試験

パワーサイクル試験

パワー半導体モジュールの信頼性テスト、パワーサイクル試験を受託いたします。

弊社では、「通電試験制御ユニット」を自社開発し、汎用電源を自社開発制御ユニットでコントロールすることで比較的安価なパワーサイクル試験を実現しました。

パワーサイクル試験を低コストで行いたい、試験にかけられる予算があまり確保できないというお客様、ぜひご相談ください。

試験装置全体

試験装置全体

モジュール通電

モジュール通電

パワーサイクル試験の種類

ショートタイムとロングタイムのパワーサイクル試験を行います。

各試験のプロファイルは以下のとおりです。

ΔTj(ショートタイム)
パワーサイクル試験

ΔTj(ショートタイム)パワーサイクル試験

ΔTc(ロングタイム)
パワーサイクル試験

ΔTc(ロングタイム)パワーサイクル試験

またテスト実施可能なパッケージは、各種パワーモジュール・TO220・TO247・TO264です。

試験装置

弊社では自社開発した通電試験制御ユニットを用い、テストを行います。

制御ユニット

制御ユニット

データログ出力例

データログ出力例

試験装置仕様

弊社では、以下の2種類のテスト機によって、パワーサイクル試験を行います。

1号機 2号機
通電電源仕様 1.6kW 12kW
20A/80V〜160A/10V 600A/20V
対象パッケージ 各種パワーモジュール/TO200/TO247/TO264
通電モード パワーサイクル試験・連続通電試験
JEITA ED-4701/601,602,603に準ずる
ON/OFF時間 ON:1〜999s/OFF:1〜999s
冷却方法 連続水冷(20~25℃) 連続水冷(20~40℃)
計測 Tc・ON電圧
異常検出 過電流・過電圧・漏水
冷却フィン お客様パッケージ仕様に合わせ、弊社にて製作いたします
外観 1号機 2号機

半導体後工程製造に関するお問い合わせ・申し込み

PAGETOP