OITA KOSEN × ODT大分高専様×ODT共同研究

大分高専様×ODT共同研究

大分高専さまとの共同研究 2021年度 #4 研究発表会

2月28日、大分デバイステクノロジー会議室にて、研究発表会が開かれました。

大分高専さまとの共同研究 2021年度 #4 研究発表会

2月28日、大分デバイステクノロジー会議室にて、研究発表会が開かれました。
テーマは8月から半年間取り組んだ「リード形状によるMOS-FET内の電界特性解析」。

登場人物

電気電子工学科 繁松さん
今回ODTとの研究を進めている方。
いよいよ研究発表会!

電気電子工学科 石川先生
繁松さんが所属する研究室の先生。
モーターが専門。

ODT開発部部長 杉木
口数少なめだが本当はやさしい。

ODT社長 安部
好きな言葉は「為せば成る」

次世代パワーデバイスとして期待されている、SiCなどのワイドギャップ半導体。
しかしこれには、
・パワーモジュールパッケージの高耐熱化
・低寄生インダクタンス化
・低熱抵抗化
などの課題があります。

それらを解決するため、「電界解析を用いた問題点の抽出と最適設計」について研究しました。

MOS-FET基板に対し、さまざまな形状のリード線を合致させることで、MOS-FET内の電解分布を把握し、高電圧化に向けた設計のポイントを検討しました。

大分高専:繁松さん

大分高専:繁松さん

結果は以下の通りでした。

最も電界を低く抑えられたのは、3の正方形コの字モデルでした。
リード線の断面が平角線よりも、正方形や円形の方が、リード線部分の電界が低くなりました。
またそれに対して、銅板部分の電界は高くなりました。

これは、リード線の断面積による違いであると、繁松さんは考察しました。
それに加えて電流の流出方向に近い2本のリード線の電界が、他のリード線に比べて10%程度高くなることも分かりました。

これは流出箇所近傍に電流が集中するためだとのことです。

大分高専:繁松さん

大分高専:繁松さん

私はこの研究を通じて、以下のようなことを学びました。
・3D設計ソフトを用いたリード線の設計と、解析モデルの設計ができました。
・解析条件を検証し、5パターンの解析結果を明らかにしました。
・リード線の形状によって、MOS-FET内の電界状況が変わることを明らかにしました。

大分高専:繁松さん

大分高専:繁松さん

また今回の研究では調べきれなかった事もあります。

・5パターンのリード線のインダクタンスについて、実測値との比較を検討する。
・今回の解析では導電材料を銅で行ったが、実際に使用する導電材料(何?)との比較をする。
・接合面積の違いによって電界状況が変わる可能性があるため、リード線と導線部分の接合面積について解析する。
これらは、今後の課題として扱っていきます。

発表は以上です。ありがとうございました。

ODT:杉木

ODT:杉木

質問です。 パワーモジュール自体を高耐圧化したい場合、どのリード形状の条件が良いでしょうか?
最適と思われる条件について、教えてください。

大分高専:繁松さん

大分高専:繁松さん

今回の5パターンで言うと、正方形のアーチモデルが良いと思います。
なぜなら電界が、リード線・銅板の両方にかかっているからです。
また形状が実現可能だから、という点もあります。

ODT:杉木

ODT:杉木

確かにそうですね、色味を見ても電界が分散されています。
平角線は電界が集中していますので、こういうのは避けて、3,4番などが良さそうですね。
ありがとうございます。

大分高専:石川先生

大分高専:石川先生

断面積が広いリード線を使うのも、ひとつの方法として考えられそうです。
また、場所によって電界強度が異なるという事が分かりましたので、それぞれの長さを変えるというアプローチも良いかもしれません。

そういった点も含め、今回の研究を進めた中で、今後の課題として何点か出てきました。
これらについては繁松君が後輩に、この研究を引き継ぐ段取りを進めています。

ODT:安部社長

ODT:安部社長

私たちとしても、学生さんと何か取り組みができないかなぁと思っていました。

教科書的なものではなく、非常に実践的な研究テーマに取り組んで頂いて、現場としても今後につながる結果を得られました。
ありがとうございました。
社会に出ても頑張ってください。

大分高専:繁松さん

大分高専:繁松さん

今回このような研究に携わって、とても貴重な経験ができました。
こちらこそありがとうございました。

以上で大分高専さまとODTの共同研究、「リード形状によるMOS-FET内の電界特性解析」は終わりました。

ODTからのコメント

odt

この日は晴れていて温かく、外に出ると菜の花が咲いていました。
ODT前の桜並木が満開になる頃、繁松さんは社会人として新しい生活を始めていることでしょう。
社会でのご活躍を祈っています。頑張ってください。

関連記事

大分高専さまとの共同研究 2021年度 #3 ODTからのアドバイス

大分高専の先生・生徒さんとともに進めている共同研究。その様子をお伝えするシリーズ第3回です。

大分高専の先生・生徒さんとともに進めている共同研究。その様子をお伝えするシリーズ第3回です。 ゴールは2022年2月の研究発表会。素晴らしい成果が発表できるよう、ODTもお力添えいたします。

大分高専さまとの共同研究 2021年度 #2 パワーデバイス接合部の研究

大分高専さんに訪問し、研究の様子を取材しました。

大分高専の先生・生徒さんとともに進めている共同研究。その様子をお伝えするシリーズ第2回。今回は大分高専さんに訪問し、研究の様子を取材しました。 ゴールは来年2月の研究発表会。素晴らしい成果が発表できるよう、ODTもお力添えいたします。 この…

大分高専さまとの共同研究 2021年度 #1 キックオフミーティング

ただいまODTでは、大分高専の生徒さん方と共同研究を進めています。

ただいまODTでは、大分高専の生徒さん方と共同研究を進めています。その様子を弊社ウェブサイトにて、全4回の連載形式にてお伝えいたします。 テーマと目的 目的は、ものづくりの楽しさを通じて就職時に即戦力となるような実力を付け、就活に役立てて頂…

一覧を見る